「また会いたい!」と思われるスピーチ&ボイトレ講座!

f:id:mioken:20190803110154j:plain

「あなたにまた会いたい!」
「あなたの話をもっと聴きたい!」
そう言って貰えたら嬉しくないですか?

昨日は、そのための
【スピーチ&ボイトレ講座】でした。

集まったのは、
金融関係の会社の社長さんから、
フラメンコの先生(ダンサー)、
セミナー講師に、栄養士さん、
など職種は違いますが、
普段、人前でプレゼンやスピーチをする方達。


「セミナーの導入で心を掴みたい!」
「しゃべり過ぎなので、口数少なく、
 インパクトを残したい!」
「人前に立つと、緊張して話せない、
 それを克服したい」

など、悩みは皆さんそれぞれ。


まずやったのは、
ファーストインプレッションワーク
(「第一印象を知る」こと)。

『人にどんな印象を与えているのか』
それを客観的に観る、
それがスタートです。

でも、これがなかなか
直視したくなかったりしますね。

自分一人だと、
自分の「あら捜し」「ダメ出し」
終わってしまいがちですが、
「ポジティブな印象」を他の参加者達からもらいます。

「とても誠実そうで、声が凄くイイです」
「あなたが前に立っただけで、パッと明るくなります」
「素直で真っすぐな話し方が興味を惹かれました」


など、
自分ではマイナス面だと思っている
「クセ」「個性」が、
逆に「イイ印象」を与えていることが多々あります。


「人に観てもらうこと」
「人のを観ること」
そして、自分を
「客観的に観ること」

それをお互いにシェアし、発見し、
「次はこうしてみよう!」
と試してみる。


自分で気づいて、変えていく
これが一番早いですね。


そして、『身体の使い方』
これは、ボイストレーナーならではの
アプローチになりますね。

「今、この瞬間、自分の体を
 どうマネージメントしているか」

実はこれ、場の雰囲気作りに
物凄く影響を与えています。
「聴き手」や「観客」に緊張を与えず、
居心地よく感じてもらう。

「自分の体に、
 余計な力が入っていないか」

その意識を1割持っているだけで、
「相手に与える印象」、
「創り出す場の雰囲気」、
「相手のリラックス度」、
が変わってくるのです。

これは、人前に立つ際に物凄く効果を
発揮してくれます。
それを体験して貰いました。


「この観点は今までなかった」
「自分はこんなに呼吸が浅かったんだ」
「体が硬く、息が深く入ってなかった」

「緊張」に関係なく、
「自分の体に、
 余計な力が入っていない状態」
は作れます。

そうすると、
「緊張」があっても、
自分のパフォーマンスレベル
保つことができるんですよね。


「自分の『持ち味』が何か、
 人から言われることで発見できた!」

「人のプレゼント見る、
 自分のを見てもらう、

 そこでの気づきが大きい!」

「集まってる人たちが素晴らしくて、
 自由に表現できた!」

「プレゼンや表現って、
 『楽しい』ものなんだ!」



最後は皆さん、とってもイイ笑顔♪
今日もありがとうございました。